セミナー・勉強会 UX KANSAI

2016.4.9「UX概論~UXデザインの基礎を学ぶ~」レポート

※ 本記事はXDUnit設立以前、UX KANSAIブログからの移行記事になります。一部リンク切れや情報が古い場合がございます。

4/9(土)はUXデザインの導入編として「UX概論」セミナーを、大阪グランフロントにあるGMO Yoursさんの会場をお借りして実施しました。

アートと桜のモチーフが空間をいい雰囲気にしてくれてます。
講師は、日本を代表するUXデザインの教育者、浅野先生。
浅野先生は、教育のプロでもありながら企業のコンサル経験も豊富で、アカデミック+実務の両面からお話してくださいます。
また、ちゃんと厳しい指摘もしてくださるのが人気の理由のひとつです。社会人になると、厳しい事を言ってくれる人がなかなかいませんもんね。

広くてちょーきれいな会場が、100名の参加者の方で埋まって圧巻でした。
ちなみに先生は矢印の先にいらっしゃいますw

前横から見るとこんな感じ。桜をバックになんだか爽やかです。
運営しながらだったので、講義全てを聞けてませんが、私が感じた事を少し共有します。

学びの姿勢について

私が初めて先生のUX概論を聞いたのは5・6年前。
今回の講義は、さらにパワーアップしてました。
特に、前半の学びの姿勢については、胸に刺さるお話がいくつもありました。
スキルは知識や技術ではなく、そこに判断が加わっていること。知識や技術のみだと、その組織でしか通用しないものである。
好奇心が大事。会社帰りに同じ店ばっかり行っている人はダメ。このお店はどんなんだろうな?と好奇心もって入る事。それを10年続けること。
UXデザインは学べば学ぶほど、学問でも技術でも職種でもなく、ライフワークなんだなと感じます。それを邪魔するのが「めんどくさい」という気持ちや言葉。「めんどくさい」を「面白そう」に置き換えて日々生きていけたら楽しいし、UXのデザイン力がコツコツたまる秘訣かもな、と思いつつ聞いてました。

UXデザインとHCD

HCDはUXデザインを実現するための方法論というのが世界的な認識
UXのデザインの文脈で、HCD(人間中心設計)やデザイン思考、アジャイル、リーンなど様々なキーワードが出てきます。その中でも、根本的な知識となっているのがHCDということは意外と知られていないようです。
私がUXDを学び始めたころは、デザイン思考やアジャイルはまだここまで有名じゃなかったので、すんなりHCDにたどり着きました。情報量が多くなった今は、情報取得が手軽になった反面、何から学ぶか・・・という選択肢の多いがゆえの悩みがありますね。(個人的には入りやすいところから入ればいいと思ってます)

ワークショップでUXデザインを体験

知識として頭に情報を入れるだけではわからないのがUXデザイン。最後にモノとコトのデザインを体験するミニワークショップがあり、ここで皆さん「アハ」体験したみたいです。
学びには「モヤモヤ」がとっても大事で、その先に「アハ」という気づきがあります。参加された方には、いっぱいの「モヤモヤ」を持ち帰っていただけていたらうれしいです。

みんな、何かを真剣に描いています。

こちらの方はなんだか楽しそう。
真剣に考えたり、思わずニヤリとしたり、そんなミニワークショップでした。
他にも情報盛りだくさんで、あっという間に2時間が過ぎていました。導入編ということでしたが、ひと通り学び実務で試行錯誤した後など、節目節目で聞きたい内容です。
セミナー後は、同じ会場で懇親会。
こちらも話がつきず、あっという間に1時間が過ぎていました。

参加された皆さんも、ぜひブログなどで感想を書いて、
UX KANSAI のFacebookグループにお知らせください。浅野先生もよく「学習にはリフレクション(内省)が大事」とおっしゃってます。セミナーを聴いただけでは記憶に残らないので、ブログなどを書きながら内省することで自分の中に落ちていくようです。
最後に、アンケートの結果を共有します。

どんな人が参加していたのか?

今回のセミナーでは、98人の方が参加してくださいました。参加者の職種は以下の通りです。(重複あり)
セミナー中の挙手によるリサーチではマーケッターが多い印象でしたが、アンケート結果ではデザイナー・ディレクターが多く、次にエンジニアですね。。
デザイナーが多いのは全国の傾向と同じだと思います。マーケッターや製品・サービス企画者が最近は増えてきているように感じます。

参加者の感想

アンケート結果の満足度は高く、やや不満と回答している人も「もっと聞きたかった」という前向きな意見がほとんどでした。
自由記入欄にコメントしてくださったご意見・ご感想を一部ご紹介します。

非常に満足な人のコメント

  • 今まで考えた事のない方向性に気づいた
  • リフレーミングモノ優先ではダメだという事を強く再認識することができた
  • サービスデザイン、利用シーンの違いを形にするなど、みるべきポイントや意識が変わった
  • 自分の夫へのプレゼントにUXをとり入れたい。(これまで夫からもらっていたものはUXだとわかりました・・・半年以上私に聞かずにリサーチしたプレゼントをくれます。)
  • こんなにシンプルに腑に落ちたのは初めてでした。UXを考える事は楽しいなと思いました。
  • 「教育」と「発達」の違いや「学び方」を学ぶといった本質的なトピックに触れられていたところも大きな学びを得る事ができた

やや満足な人のコメント

  • 様々なお話があり、すでに持っていた知見とつながり、点が線になる感覚があった。
  • 非常に満足なのですが、時間の都合でとばされたお話もききたかった。
  • 時間的に省略されてしまった所も聞きたかった。

やや不満な人のコメント

  • Q&Aやディスカッションの時間がもっと欲しかった
  • 時間が足りず全ての話が聞けなかった。面白かったのでもっと聞きたかった。
  • 面白い。でも濃いすぎて後半が早すぎたのが残念!

非常に満足な人は、新しい視点を得られたという感想や、学び方に対する学びのコメントが多く見受けられました。また今後実践したい事も具体的に書かれてた方が半数以上でした。
やや満足/やや不満な人は、「時間が短く省略された部分が気になる」という意見が多く、一部の人は「すでに知っていることの振り返り」という感想でした。

先生のお話はテンポが早く、専門用語も出てくるので、初めての人には辛いんじゃないかと思ってましたが、余計な心配でしたw
組織や業界、今の仕事のやり方を変えたいと思っているような、意欲とあたまの柔らかい人たちが多く、私も刺激になりました。

なお、ここで通常であれば次回セミナーの告知をしたいところなんですが、すでに満席になってしまいました・・・。参加したかったのにすでに満席だったという方、ごめんなさい。

vol2や後期は引き続きFacebookで案内していきます。また、関連イベントあれば随時紹介していきますね!
では、今日はこのへんで。また来月!

XDUnit

MeetUp! UXD #00「 UX ×【 】」〜様々な分野のUX実践者と語るUXデザイン〜 レポート

こんにちは。一般社団法人エクスペリエンスデザインユニット(XDUnit)です。先日、グランフロント大阪のヤフー株式会社様の会場をお借りして、MeetUp! UXD #00「UX ×【 】」〜様々な分野のux実践者と語るUXデザイン〜を開催しました。 当日は80名にご参加頂き、非常に盛況でした。…

more
Seminer / Study group
UX KANSAI

2017.12.2「UX KANSAI #8 ペーパープロトタイピング」レポート

※ 本記事はXDUnit設立以前、UX KANSAIブログからの移行記事になります。一部リンク切れや情報が古い場合がございます。 まいどお騒がせしております。UX KANSAIの小田です。 2017年12月2日、UX KANSAI のUXデザイン連続セミナーvol.8は「ペーパープロトタイピ…

more
Seminer / Study group
UX KANSAI

2017.11.4「UX KANSAI #7 ストーリーテリング」レポート

※ 本記事はXDUnit設立以前、UX KANSAIブログからの移行記事になります。一部リンク切れや情報が古い場合がございます。 こんにちは、漆野です。 2017年11月4日、UX KANSAI のUXデザイン連続セミナーvol.7は「ストーリーテリング」でした。 今回からセミナー…

more
Seminer / Study group