セミナー・勉強会 UX KANSAI

2017.12.10「UXDセミナーvol.8 続・アクティングアウトとペーパープロトタイピング」レポート

※ 本記事はXDUnit設立以前、UX KANSAIブログからの移行記事になります。一部リンク切れや情報が古い場合がございます。

こんにちは。UX KANSAIの徳見です。
12/10は前回に引き続き、検証法の講座とワークショップを行いました。今回の目玉はアクティングアウト。


プロトタイプ

プロトタイプには、ワイヤーフレームのようなスケッチやダンボールなどでカタチをつくるモックアップがあるけど、最近はIoTも進んでモックアップの中でワイヤーフレームを切り替えられるようなのが多いかもしれませんね。
スマホだと、prottとかいう手描きのワイヤーフレームを写真撮影して取り込み操作できるツールもあり、プロトタイピングはやりやすくなってますねー
今回のワークショップ前半は、プロトタイプを作成。

細かい線や文字を描くこともあるので、
細めのプロッキーが役立ってました。


いざ、アクティングアウト

今回学んだプロトタイピングは「オズの魔法使い」を使ったアクティングアウトです。
オズの魔法使いというのは、その名の通り童話からきているそうです。演技で体験を検証(アクティングアウト)する際、ユーザーの役割をする人以外に、人工物を担当する人がいる手法。初期のプロトタイピングの際は、簡易なプロトタイプを用いるので、これが有効とされているそうです。
実施のポイントは、恥ずかしがらないこと!
そして、ナレーションが必要な場合は、オズの魔法使い(人工物)の役の人がナレーションをする(ユーザー役がナレーションするとややこしくなる)こと。
下の写真のように、スライドに背景やUIを表示させています。今回は背景とUIを同時に表示させるチームもありました。

アクティングアウトは、矛盾や課題が具体的に見えるだけでなく、頭だけでなく体を動かすことで発想も豊かになるんだと思います。それは、手描きのプロトタイプを作成することにも共通することかと。
オーディエンスは積極的に意見してディスカッションすることを求められますが、そのためにも見ているだけでなく、付箋に思いついたことを描くという動作をしてもらえばよかったな、、、と、反省。
また久しぶりに先生の講評タイムがありました。いつものキレ味鋭いツッコミの中でも「しまなみでなければならないサービスか」「正当法のアイデア」である点は全チーム共通だったのが印象的でした。
あんなに最初は面白いアイデアいっぱい出てたのに、つくっていくうちに凡庸になっていく、、、ありがちすぎて胸がいたいw
UXデザインセミナーも残り2回。悔いなく終えるために、
初回を振返りつつリフレーミングの機会をもうけようと思います。


参加者の声

今回のアクティングアウトを体験した参加者の声をアンケートから抜粋してご紹介します。

  • アクティングアウトでの気付きが多かった
  • 一連したセミナーなので自分が忘れていることを思い出せる
  • ペーパープロトだけではわからない所がアクティングアウトを行うことによって分かってくる所が勉強になりました
  • やりたいことが明確になり、足りない箇所が分かり良かったです
  • プロトタイピング×アクティングアウトで、自分たちで実施しながら本当に稼げない、お金にならない・・・と気づけました

業務でのUXDの活用については、業務へ積極的に取り入れている意見もみられましたが、難しいという意見が多く見られました。

  • 実際の業務への落とし込み方がモヤッとしてます
  • ペーパープロトまでは行っていくことができますが、アクティングアウトまで行うのは難しい
  • 本日の内容などをやっていきたいがなかなか難しいです
  • (UXDは)まだ活かせていません。同僚に重要性を知ってもらう必要がある。
  • 自分が思うUXDを進めるのに反対はないが協力を得られず進めれない。

個人的には、小さくてもできることはあるし、勝手にやっちゃいなよ!という気持ちもなくはないですが、組織によっては管理がガチガチで新しいことをやりにくい雰囲気もあると思います。
他の人がどうやって取り入れているのか知るための機会を作ろうかな。キラキラした大きな成功事例だけでなく、地道な事例を知れるやつ。また企画したらご報告します。

最後に、番外編

参加者の方が、忘れがちなワークショップの心得をつくってくれました!嬉しい!とともに、運営側のぼんやりさに気づかせていただけ感謝感激です。
配布フリーですので、ワークショップする際は、ぜひ使ってください。


ブログを書くまでがワークショップ

参加者の方のレポートです。今回は座学より体で得るものが多かったと思いますので、体験者の感想をぜひ参考にしてみてください。


次回の予定

次回は、1/15(日)です。日曜日ですのでお間違いなく!お申込がまだの方は、このブログで告知しますのでチェックしてください。

XDUnit

MeetUp! UXD #07「 UX x 評価 〜ユーザビリティテストやUX評価の実務者によるノウハウ共有〜」レポート

XDUnit研究員の東中です。 2018年11月20日(火)に、Meetup!UXD #07を開催しました。 今回は話題提供者として、私が自社で実施しているユーザビリティテスト方法や悩みを共有させていただいたのですが、テストや評価方法にとどまらず、UX全般の幅広い議論ができました。 バ…

more
Seminer / Study group
大阪府

スタートアップのための「デザインスプリント」

こんにちは、XDUnit 理事の辻尾です。 2018年9月27日と10月4日の2日間に渡って、スタートアップのための「デザインスプリント」をワークショップ形式で実施させていただきました。 本来5日間かかる「デザインスプリント」を、なんとたった6時間で凝縮して実施しました。 『ワークショ…

more
Seminer / Study group
XDUnit

MeetUp! UXD #05「UX × 行政 〜サービスデザインで変わる行政〜」レポート

XDUnit研究員の小田です。2018年9月18日(火)に、Meetup!UXD #05を開催しました。 予想していた以上に行政のお仕事をされている方が多く参加されていて、突っ込んだ話ができました。行政に明るくない私は一般市民の目線で「UXデザインとして捉えると?」と考えを膨らませながら、興味…

more
Seminer / Study group