講師

大阪府産業デザインセンター主催 大阪府デザイン・オープン・カレッジ2018『スタートアップのための「デザインスプリント」』ワークショップに理事の辻尾 真由美が登壇

大阪府デザイン・オープン・カレッジ

《今年のテーマは新事業創出に求められる「思考力×デザイン」!!》
大阪府では、1988年から四半世紀に渡り、様々な産業分野で活躍されている方々を対象に、企業経営に欠かすことができないデザインへの理解や活用を促進するため、「大阪府デザイン・オープン・カレッジ」を開講しています。
 
グローバル化の進展やAI・IoTなどの高度化が進む中、企業が持続的に成長するためには、これまでの延長線上にはない新しい着眼点が求められており、社会や顧客も気づいていない自社の本質的価値の探索から、独創的な製品やサービスを生み出す”思考力”を身につけることが重要です。
そのため、今年度は、新事業創出に求められる「思考力×デザイン」をテーマに、企業が新事業創出に際して求められる戦略的なデザイン活用について、多彩な講師陣の「デザイン思考」の手法に焦点を当てて習得する講座を実施します。
 
皆様の「大阪府デザイン・オープン・カレッジ」への積極的なご参加お待ちしております。

『ワークショップ』短期間でリサーチからプロトタイプの検証まで
スタートアップのための「デザインスプリント」

GV(旧:Google Ventures)がスタートアップ支援のために提供している「デザインスプリントは、数日から数時間で商品コンセプトからプロトタイピングまでを行える高速なUXデザインのフレームワークです。本講座では、職種に関係なくチーム全員で課題に取り組むことで、様々な視点からのアイデア出しや投票による意思決定を行います。
スタートアップだけでなく企業の規模感に合わせて活用することができる柔軟なツールですので、どなたでも参加が可能です!本来の「デザインスプリント」の構成は5日間ですが、今回は2日間に凝縮したワークショップを体験していただきます。

【講義及び演習】   
・第1段階「理解する」 ・第2段階「発散する」
・第3段階「決定する」 ・第4段階「試作する」
・第5段階「検証する」

概要

【日時】   平成30年9月27日(木曜日)・10月4日(木曜日)午後2時から午後5時 
【会場】   マイドームおおさか4階 研修室 大阪市中央区本町橋2-5
【対象】   創業・ベンチャー企業、中小企業経営者、商品企画・開発担当者、デザイナー等  
【受講料】 8,000 円(2日間) 
【定員】   30名

詳細・お申込み

http://www.pref.osaka.lg.jp/mono/oidc/2018collge2.html